ホームページとの違いは?ランディングページの特長を徹底的に解説

WEB

2022年9月3日

ウェブページの制作を検討している人の中には、「ホームページとランディングページとの違いが分からない」という人もいるのではないでしょうか。

その効果を最大限引き出すためには、目的にあったウェブページを制作することがとても大切です。

ここでは、ランディングページの特長やホームページとの違いなどについて解説していきます。

ランディングページとは何か

ランディングページは、英語で「Landing Page」と表記します。

LPと略されることも多く、広義と狭義、2種類の意味を持っています。

広義での意味は「ユーザーがウェブサイトの中で最初にアクセスしたウェブページ」です。

検索エンジンの検索結果や広告、SNSなどその経路には様々なものが考えられるでしょう。

 

一方、狭義での意味は「ユーザーが目的を達成するために作られたウェブページ」です。

単一の商品やサービスに対し、紹介を行っていきます。販売する商品やキャンペーンごとに作られていることも、注目すべき点でしょう。

一般的には、ランディングページ制作はこちらを意味する場合が多くなっています。

 

ユーザーが持っている目的は商品やサービスの購入、予約、資料請求やお問い合わせなど、実に様々です。

そして、このような目的を達成するために作られているのが、ランディングページということになります。

 

ランディングページは1ページで構成されています。

「集客からクロージングまで」という一連の流れをその中にすべて集約させるため、必要な情報が増えてどうしてもボリュームが大きくなってしまいます。

その結果、縦長のページになっていることがほとんどです。

 

また、ユーザーがアクションしやすいような工夫も施されてます。

「ご購入はこちら」など大きなボタンが設けられており、スムーズな流れで目的が達成できるようになっているのです。

この点は、ランディングページならではの特長とも言えるでしょう。

ホームページとの違いは

ホームページを制作する場合は、ページ移管などの導線に配慮する必要があります。

メンテナンス性も考慮しておくことが大切です。

 

一方、ランディングページは独立したウェブページであるため、これらの心配がないと言えます。

ただし、基本的にメンテナンスは不要ですが、離脱率が高いなど何らかの課題がある場合は改善が必要です

定期的に見直しをすることも視野に入れておきましょう。

 

また、ホームページの場合は長期的な運用を目的としているため、SEO対策が欠かせません。

反対に、ランディングページは短期的な運用を目的としており、効果の即効性を求めるため、SEO対策を行ってもその効果を得ることは難しいです。

ランディングページの場合はSNSや広告を使い、ユーザーを促すスタイルがメインとなっています。

 

そして、他のページへのリンクがほとんどないこともホームページとの違いと言えるでしょう。

リンクがあるとユーザーの回遊率は上がるものの、関係のないページに流れてしまうケースも少なくありません。

目的の達成率が下がってしまうため、ランディングページではあまり他のページへリンクさせません。

 

さらに、ランディングページはホームページに比べて、デザインのインパクトが強くなっています。

派手なカラーを使ったり、大きな文字を使うことも多く、魅力的なキャッチコピーがつけられていることもあります。

チラシのウェブサイト版と考えると良いでしょう。

 

目的に合わせてホームページかランディングページかを選択しよう

ホームページやランディングページの制作には、費用や労力、時間が必要になってきます。

それぞれの特長をしっかり活かし、利益の最大化を図るためには、それぞれを正しく使い分け、目的に合わせて最適なものを選ぶことが欠かせません。

まずは知識を身につけ、どのようなウェブページが必要なのか判断するようにしましょう。

contact

お問い合わせ

サービスやお見積りのご相談を承っております。 どうぞお気軽にお問い合わせください。

サービスやお見積りのご相談を承っております。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0797-78-9240

営業時間 9:00~18:00(平日)

メールでお問い合わせ