WEBサイト制作の制作期間と制作の手順を知る

WEB

2021年11月10日

自社の広告宣伝の窓口として広く使われているのがWEBサイトです。WEBサイト制作に力を入れることで、より多くの人に広告宣伝できるようになったり、読者を増やすことが出来るようになります。今回はそんなWEBサイト制作の手順と制作期間等について解説します。他者へ依頼する場合でも、制作手順は知っておいたほうが打ち合わせや理解もスムーズになりますのでおさえておきましょう。

基本的なWEBサイト制作の手順

WEBサイト制作は5つの工程で行われていきます。最初に必要なのが企画です。どのようなWEBサイトを作りたいのか、企画の段階でサイトのイメージを明確にしていきます。また、企画を明確にすることで、その企画を実現するためにどんな機能を実装すれば良いのか等も分かります。企画の次は設計です。サイトマップを考え、WEBサイトの骨格を作っていく作業です。そして企画と設計が終わったら、次にサイトの見た目のデザイン制作を行います。どんなに機能的なサイトでもデザインやUIが優れていないと、サイトに訪れた人が直ぐに離れてしまう原因に繋がります。デザイン制作が終わったら次に実装をしていきます。企画や設計、デザイン制作と練ってきたものを形にしていく作業です。最後に実装が終わったらリリースを行うというのが一連の流れです。場合によっては、リリース後に保守や運用の作業が入る場合もあります。

大規模なものほど制作期間は長くなる

 

あれこれ機能を企画の段階で出しても、実際にそれを実装するとなると時間がかかります。WEBサイト制作では、大規模なサイトを作ろうとすれば、それだけ制作時間がかかりやすいです。そのため、制作期間を短くしたいなら必要最低限のものに絞っていく必要があります。また、個人制作で制作期間の見通しが立たない場合は、WEBサイト制作サービスを利用するのも方法です。WEBサイト制作サービスでは、プロがサイト制作をしてくれるだけでなく、どの程度制作期間がかかるかもこれまでの実績を踏まえて教えてくれたりします。全くWEBサイト制作をした経験がないのであれば、プロに任せると安心で確実です。

制作期間の目安

具体的な制作期間は制作するページ数やプロジェクト内容により変わりますが、目安として、多くの中小企業等が利用するWEBサイトであれば二ヶ月から三ヶ月程度はかかるのが相場です。逆に、ランディングページだけの制作であれば、一週間から一ヶ月ほどで作ってくれる企業もあります。基本的に今日依頼して、翌日には出来上がっているものではありませんので、依頼するなら時間の余裕を持って依頼するようにしましょう。また、制作の手順は大抵のWEBサイト制作会社で変わりませんが、制作期間については会社によって大きく違うこともあります。良い会社を見つけて依頼することで、より素早くWEBサイト制作をしてもらえます。

まとめ

WEBサイト制作は家造りと似ている

WEBサイト制作の流れは家造りと似ていて、良いサイトを作りたいならしっかりと練られた企画が大切です。また、短い時間で手早く作るよりも、十分な制作期間の中でじっくり作ったほうが良いものを作りやすくなります。マイホームを作るつもりで入念な計画を立て、プロとよく相談し、プロのアドバイスを取り入れながら作っていきましょう。

 

 

contact

お問い合わせ

サービスやお見積りのご相談を承っております。 どうぞお気軽にお問い合わせください。

サービスやお見積りのご相談を承っております。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0797-78-9240

営業時間 9:00~18:00(平日)

メールでお問い合わせ